物理サービス/ダウンロード資料

エレクタでは、ビームモデリングに関する業務をアプリケーションフィジックスチームが担当しています。
ビームモデリングには、データの物理的特性・モデリングのテクニック・アルゴリズムの概要などの多くの知識が必要とされます。ビームモデリングで培った知識や経験を、お客様に参考資料として提供したり、各種学会・研究会で紹介することも我々の活動の一つとしています。

当ページでご案内している資料内容の無断転載などはお控えください

Monaco

Monacoは光子を用いた通常治療(コンベンショナル)から強度変調放射線治療、電子線による治療まで幅広い治療方法をシミュレートできる総合的な治療計画システムです。このセクションでは、モデリング用にご提出いただくデータに関する資料から、Monacoの操作や特性をご紹介した資料までダウンロードしていただけます。

【Monaco Bulletinについて】エレクタケアサポートセンター(ECSC)では、Monacoをお使いのお客様より日々お問い合わせをいただいております。エレクタ株式会社は本資料を通して、ECSCへご連絡のあった現象・動作をご報告するとともに、回避方法をご紹介しHPQC番号をお知らせいたします。3か月毎の更新を予定しておりますので、定期的にこちらのページからダウンロードなさってください。
※本文書はパスワードで保護されており、パスワードは別途ご案内しておりますが、ご不明な場合はECSCまでお問い合わせください。

『Monaco Bulletin』(2020年3月6日更新)

モデリングに必要な書類

測定・モデリングを行う前にダウンロードしていただく必要がある書類です。


『Monacoビームデータ測定の手引き』

Monacoに登録するビームデータについて説明した資料です。

『Monaco記入シート』

治療機メーカごとにご用意しております。XiOからMonacoへコンバージョンされる場合はモデルコンバージョン用をダウンロードなさってください。

『Monaco記入シート(Elekta治療機用)』
『Monaco記入シート(Siemens治療機用)』
『Monaco記入シート(Varian治療機用)』
『Monaco記入シート(モデルコンバージョン)』
『MLCパラメータ調整方法』

 

タイプFの測定方法について、およびMonacoでのMLCパラメータ(MLC Transmission,MLC Offset)の変更方法について記載しております。

『MLCパラメータ調整記入シート』

タイプF測定用記入シートです。2次元検出器(MapCHECK / MatriXX など)用と3次元検出器(ArcCheck / Delta4)用を用意しております。

『MLCパラメータ調整記入シート(2次元検出器用)』
『MLCパラメータ調整記入シート(3次元検出器用)』
『Monaco モデル受け入れ試験の手引き』

Elektaにて作成したMonaco用モデルをご施設へ納品する際の手順をまとめ、それぞれの項目について解説したドキュメントです。

測定・モデリング補足資料

測定・モデリングを進めるにあたり、必要に応じてダウンロードなさってください。


『測定項目チェックシート(Monaco)』

測定時やデータをまとめる際に確認用にお使いください。エクセルファイルです。

『ビームデータ測定時のElekta治療機操作手順』

ビームデータ測定時のElekta治療機(Integrity3.0以降)の操作方法を簡易的にまとめました。

『タイプF測定項目のMonacoテンプレート』

ご施設でMLCパラメータ調整を行う際に使用していただけるテンプレートです。MLCタイプごとにご用意しました。

『タイプF測定項目のMonacoテンプレート(Agility用)』
『タイプF測定項目のMonacoテンプレート(MLCi2用)』
『タイプF測定項目のMonacoテンプレート(Siemens160用)』
『タイプF測定項目のMonacoテンプレート(Millennium120用)』
『タイプF測定項目のMonacoテンプレート(HD120用)』
『タイプF測定項目のDICOM RT Planファイル』

Delta4を使われる場合は、こちらをご利用ください。MLCタイプごとにご用意しました。

『タイプF測定項目のDICOM RT Planファイル(Agility用)』
『タイプF測定項目のDICOM RT Planファイル(MLCi2用)』
『タイプF測定項目のDICOM RT Planファイル(Siemens160用)』
『タイプF測定項目のDICOM RT Planファイル(Millennium120用)』
『タイプF測定項目のDICOM RT Planファイル(HD120用)』
『仮想ファントム』

ご施設でMLCパラメータ調整を行う際にご利用ください。
※これらのファントムはMonaco5.10以降、QA Clinicに既に登録されておりますが、ディスクスペース等の都合上、削除されている場合もございます。その際は、こちらよりダウンロードなさってください。

『仮想ファントム(水ファントム・2次元検出器用)』
『仮想ファントム(ArcCHECK用)』
『仮想ファントム(Delta4用)』

AGL資料


『Elekta‐AGLキックオフの概要』

AGLキックオフについてご説明した資料です。

『Elekta‐AGLキックオフ資料』

AGLキックオフの際に使用する資料です。

その他資料

Monacoの操作方法や特性をご紹介した資料を用意しました。


『Monaco Training: 基礎操作編』

エレクタのトレーニングセンターで開催しているMonacoトレーニング「基礎操作編」で使用している資料です。Monacoの基礎的な操作方法がわかりやすく説明されています。

『Monaco Training: コンベンショナル』

エレクタのトレーニングセンターで開催しているMonacoトレーニング「コンベンショナル」で使用している資料です。Monacoでのコンベンショナルの治療計画における操作方法がわかりやすく説明されています。

『Monaco Training: IMRT』

エレクタのトレーニングセンターで開催しているMonacoトレーニング「IMRT」で使用している資料です。MonacoでのIMRTの治療計画における操作方法がわかりやすく説明されています。

『Monaco Training: IMRT 各種パラメータ資料』

エレクタのトレーニングセンターで開催しているMonacoトレーニング「IMRT」で、『Monaco :IMRT』と合わせて資料している資料です。Cost FunctionやIMRT Parametersについて説明している資料です。

『Monaco Motorized WedgeのMU計算』

Motorized Wedgeは60度物理ウェッジとオープンの合成線量によって任意の角度を実現します。この資料では、このMUをどのように計算するか解説しております。

『Monaco MLC Dynamics Parametersガイド』

Monacoには、リニアックのリーフ移動速度や最大・最小線量率を設定するMLC Dynamicsというパラメータセットがあります。この資料では、各パラメータの説明やコミッショニング手順を記載しております。

『水吸収線量(Dw)と組織吸収線量(Dm)について』

Monacoでは線量計算は組織吸収線量(Dm)で行いますが、それを水吸収線量(Dw)に変換して示すこともできます。こういった概念は多くのユーザー様には馴染みがない上、分かりづらいところもあります。この資料では一般論から始めて、Monacoを使う上でどう考えていただけばよいかを紹介しています。

『Monaco Technical Referenceの紹介』

Monacoの計算アルゴリズムについてやMLCパラメータ調整についてなど、より専門的な情報が記載されているドキュメントをご紹介します。

『Monaco TIPS:IMRT/VMAT プランニング』

MonacoでIMRT/VMATプランの計画を立てる際のTips集です。Monacoのコンセプト、コストファンクションやその他のパラメータについて説明します。

『Monaco Concepts and IMRT VMAT Planning Training Aid(LTAMON0003)』

『Monaco TIPS:IMRT/VMAT プランニング』の英語版です。

『Monaco TIPS:リング ストラクチャーの扱い方(DVH評価と計画作成)』

Monacoでリング型の輪郭に対応する方法を説明します。

『Monaco TIPS:IMRT/VMATプランニング 前立腺』

Monacoで前立腺のVMATプランを作成する際のTipsを、ある一例の処方と制約を用いて紹介します。

『Monaco TIPS:IMRT/VMATプランニング 全骨盤』

Monacoで全骨盤のVMATプランを作成する際のTipsを、ある一例の処方と制約を用いて紹介します。追加資料として、骨盤骨の輪郭作成方法も紹介します。

『Monaco TIPS:IMRT/VMATプランニング 頭頚部』

Monacoで頭頚部のVMATプランを作成する際のTipsを、ある一例の処方と制約を用いて紹介します。

 
『Monaco Dose Plane Outputの使い方』

Monacoで計算した線量分布をDose Plane機能を使用して出力する方法について説明した文書です。

 
『カウチモデリング』

治療計画時に使用するカウチストラクチャの電子密度の決定方法について説明した文書です。

『IMRT Commissioning “AAPM TG-119”』

米国医学物理学会AAPMのタスクグループ119が紹介している、IMRTのコミッショニングをMonacoで実施する際の手順を説明した文書です。